ホーム前ページ次ページ


1.基本情報


国土面積:
  238,537平方キロメートル(92,100平方マイル)、浅井元ガーナ大使の著書「民間大使ガーナへ行く」によれば、日本の面積のおよそ1/3、しかし山岳部分がないため利用可能な平地は日本の数倍だろう、とのこと。

人 口:
  およそ200万人、それも急激に増えているようです。
平均人口密度:ガーナ大使館のホームページによれば、55.5人(一平方キロ)だそうです。(首都アクラだけ見てみるとかなりの密集度です)

首 都: 今回私が行った先、アクラ(Accra)です。

国家元首:
  大統領 H.E.  Prof J.E.A Mills (おや、おや、在日本ガーナ大使館の日本語ページでは前大統領のジョン・アジェクム・クフォー氏の名前がいまだ掲載されていました)


国際空港: コトカ国際空港(アクラ市内)

時 差: 日本との時差は9時間(日本が早い)

公用語:
  部族、地域によって言葉が異なるため(コミュニケーション出来ない為)、公用語は英語となっています。(日本では公用語は1つしかないので公用語という言葉すら使いませんが、例えばフィンランドのように、フィンランドに加えスウェーデン語も公用語になるなど、2つ、もしくは3つ公用語というケースもあるようです)

通 貨:
 通貨単位:セディス 紙幣は20,10,5,1セディスがあり、コインには1セディス(100ペセワ)コインの下に、50ペセワ,20,10,5ペセワが流通していました。

米ドル:
  自国通貨の信頼性が低いからなのか、高額取引は米ドルで行うようです。

両 替:
  市中で見た範囲では、円は交換の対象になっていません。ガーナに行く際には米ドル持参が一番良いですね。

      ※ 為替レート: 米ドル (USD) からガーナ セディ (GHS)

                ガーナセディ(GHS)から米ドル(USD)へ


クレジットカード:
  外国人が行くような高級ホテル、スーパーででもなければカードは使えません。この国ではまだまだ現金が主流ですね。



Ghana - Culture Smart!:
  the essential guide to customs & culture (2009/3/24)
   Ian Utley 著  ペーパーバック ¥974


  過去読んでみたGhanaに関する書籍の中で、ビジネスという
  視点でも、一番詳しく情報が提供されていました。(管理人)

※ 左の写真をクリックすると、ネット書店、アマゾンにジャンプします。






ホーム前ページ次ページ inserted by FC2 system